労働者の健康を守る|昨日と同じ毎日に嫌気が差したなら|宅建の資格習得を目指そう
男の人

昨日と同じ毎日に嫌気が差したなら|宅建の資格習得を目指そう

労働者の健康を守る

女の人

社会に貢献出来る

衛生管理者とは、労働者が健康に社会生活を送ることが出来るようにする為にサポートし指導する役割をしています。従来までは、労働者の健康や病気の予防などを医師が行っていましたが会社に指導者のような専任の担当者を置くことでよりスムーズなサポートが出来るようにしたものです。衛生管理者の業務は幅広く、職場環境を快適にする為に労働時間の管理をし病気の予防や災害を未然に防ぐための啓発などを行います。労働者が多ければ多いほど、その職場では衛生管理者が必要になってきます。色々な形で労働者の健康に役立ち社会に貢献出来るので、やりがいが感じられる仕事として人気が高いです。試験の合格率も8割程度と高めなことも人気の理由です。

必要な受験資格を満たす

衛生管理者になるには、国家試験を受ける必要がありますがその試験を受ける為には一定の条件を満たす必要があります。短大を含めた大学か専門学校を卒業後、労働衛生の仕事に一年以上従事する必要があります。中学校、または高校を卒業後三年以上労働衛生の仕事に従事する方法もあります。もしくは、10年以上労働衛生の仕事に従事したという人であれば受験資格が与えられます。試験に合格することで、初めて資格が与えられることになります。衛生管理者は、その事業所で働く専属の指導者となり労働者の健康をサポートしていくことになる為、他の別の事業所とのかけもちなどは出来ませんがその分一つの職場に長く勤めていくことが可能であると言えます。